釣りYouTubeの撮影で必要なカメラ機材を一気に紹介!

釣りYouTube ブログ記事

YouTubeで釣りの動画を投稿したいけど、
撮影に必要なカメラとかの機材は何が必要なのかな??

釣りは普通のYouTube撮影よりも過酷な状況が多いから
カメラ選びは重要だよね!

皆さんこんにちは!

今回はYouTubeで釣りの動画を投稿したいと考えている方に向けてカメラ等の機材について紹介します!

釣りは過酷な状況で撮影することが多いのでカメラ等の機材を選びは妥協ができません!

そんなカメラ等の機材一式を紹介していきます!

釣りYouTubeに必要なカメラ等の機材一式

まずはYouTubeに投稿する釣り動画を撮影するための機材一式を紹介してきます。

紹介するカメラ等の機材一式は2つに分けて紹介します。

  1. YouTubeをこれからはじめたいと考えている方におすすめの最低限必要な機材一式
  2. 本格的にYouTubeをやる方におすすめの機材一式
最低限必要な機材一覧
  • 自分の持っているスマートフォン
  • アクションカメラ
    (ネックマウント)
  • 三脚
  • モバイルバッテリー
  • リングライト
本格的な機材一覧
  • 自分の持っているスマートフォン
  • アクションカメラ
    (ヘッド・ネックマウント)
  • ハンディカメラ
  • マイク
  • ウィンドジャマー
  • 三脚
  • モバイルバッテリー
  • 防水バッグ
  • リングライト

これだけ見ると結構な量の機材が必要なように見えます!

もちろんスマートフォンひとつで撮影することも可能ですが、両手がふさがってしまう釣りではかなり難しいでしょう。

カメラ等の機材ごとにおすすめ商品と役割を紹介

スマートフォン

ほとんどの方が持っていると思いますが、やはりスマートフォンは欠かせません!

釣りの動画撮影・写真撮影からライト機能など釣りに役立つ機能は沢山あります。おすすめの機種等はありませんが、基本的には新しい機種を使用することをおすすめします。

釣れた魚の写真を撮影するときはスマートフォンでも十分にきれいな写真を撮ることができます!最近のiPhoneでは背景をぼかすためのポートレート機能などもあるため、本当にきれいな写真を撮影することができます。

スマートフォンよりもこだわった写真を撮影したい場合は一眼レフカメラの使用をおすすめします!

釣りの撮影には欠かせないアクションカメラ

アクションカメラ

次にアウトドアの撮影では欠かせないアクションカメラです!

小型で高画質な映像を撮影することができます!両手がふさがってしまう釣りではアクションカメラの使用は欠かせません!!

次に紹介するマウントを使用して撮影することができるのはもちろんのこと、三脚を使用すれば定点撮影用に普通のカメラとしても利用することができます。

ただ、アクションカメラの欠点はズームに弱いことです。

せっかくの大事なシーンも遠くてしっかりと映っていないという場合はもったいないですよね!!

そのためにもアクションカメラは必ず4Kに対応したものを選びましょう!4Kで撮影しておくことで動画編集時にズームをしてもきれいな画質を保つことができます!!

アクションカメラといえばGoproですが、値段が高くて購入を迷っている方は中国製のアクションカメラを検討したことがあると思います。

Amazonで販売している有名じゃないメーカーのアクションカメラは買わないようにしてください!4K対応と記載してあっても実際は4K撮影ができないなどの問題が発生してしまいます。

ではGoPro以外ないのか。

そんなことはありません。GoProの半額程度で購入することのできる商品を紹介します。

最初に紹介するのが中国の大手メーカーXiaomi(シャオミ)から発売されているアクションカメラです!手振れ補正などもかなり優秀で、GoProに負けない性能があるにも関わらず価格はGoProの半額程度です!!

もちろん4K撮影にも対応しています!

次に紹介するアクションカメラが日本メーカー、ソニーのアクションカメラです!

こちらも4K撮影対応・高精度な手振れ補正・豊富なアクセサリーが特徴です。価格もGoProの半額程度なのでどうしても日本国内のメーカーが良いという人にはとてもおすすめです!

ハンディカメラに向いている人
  • 釣りのYouTube動画を撮影したい人全員

リアルな動画を撮影するならアクションカメラ用マウント

次はアクションカメラ用のマウント(アクセサリー)です。

ネックマウントやヘッドマウントなどアクションカメラは様々部分に装着して撮影することができるのがアクションカメラの魅力です!

基本的に両手がふさがってしまう釣りではヘッドマウントやネックマウントなどを駆使して臨場感のある動画を撮影している方が多いです!

アクションカメラのマウントを選ぶ際は自分が釣りをしている時にどのように動いているかを覚ええておく必要があります。

常に目線がキョロキョロと動いてしまっている方がヘッドマウントを使用すると、撮影した動画は使い物になりません。

そしてせっかくのバイトシーンなども撮影できない可能性が高くなってしまいます。

まずはGopro用のネックマウントです!

次はGopro用のマウント26点セットです!

次に紹介するのはソニーのアクションカメラ用のアクセサリーです!

キャップなどに着けられるクリップタイプとバッグなどに装着できるタイプがおすすめです!

ズーム撮影に向いているハンディカメラ

ハンディカメラ

次はハンディカメラです!

ハンディカメラは1人での使用方法と2人以上での使用方法が異なります。

1人で使用する場合は基本的に定点撮影用に三脚とセットで使用することが多く、自分をうしろや横から撮影するために使用します。

2人以上の場合は、1人がカメラマンとしてハンディカメラを持って撮影します!ハンディカメラはスマートフォンとアクションカメラの弱点となっていたズームでの動画撮影でもきれいな映像を取ることができます!!

ハンディカメラは以下のような人に向いています!

ハンディカメラに向いている人
  • 撮影機材の予算に余裕がある
  • 2人以上で釣りに行く
  • ズームでの映像を撮影したい
  • 視聴者を飽きさせないために別角度からの撮影をしたい

ハンディカメラも基本的には4K対応・手振れ補正がついている商品をおすすめします!

YouTubeのトーク動画には欠かせないマイク

マイク

次に紹介するのはマイクです!

YouTubeで釣りの動画を投稿したいと考えている方や、既にYouTubeに投稿している方で動画の視聴回数や登録者数が伸び悩んでいる方は音声にも気を付けてみてください!

YouTubeは様々なジャンルがあり釣りはエンタメ要素も強いのですが、釣りの知識やテクニックにも大きな価値があります!

釣りビジョンなどの釣り番組を見ていると面白い番組・かっこいい番組・役に立つ番組など、釣りの中でも少しだけジャンルが分かれています。

面白い動画はもちろんのこと、役に立つ動画で言葉がはっきりと聞こえていなかったら動画のクオリティは大きく下がってしまいますよね??

マイクを使ったことのない方は音声の差についてあまり感じたことがないかもしれませんが、マイクの有無で大きな差が生まれます。

特に釣りの動画は外での撮影がメインになりますので音声が拾いにくい状況になりやすいので予算に余裕があるのであればマイクを使用することをおすすめします!!

マイクが必要な人
  • 動画の質を上げたい方
  • トークに力を入れている方

動画の音にこだわりたい人におすすめのウィンドジャマー

ウィンドジャマー

メーカーごとにウィンドジャマー・ウィンドシールド・ウィンドクリーンなどの名称があります。テレビの音声さんが持っているマイクなどについていることが多く、見たことあることはあるけど使ったことはないという方も多いのではないのでしょうか??

名前が分からずに、「マイク+ファー」「マイク+毛」などで検索した方もいるのではないのでしょうか?

そんなウィンドジャマーにはどんな役割があるのか、基本的にはマイクが拾ってしまう風切り音(ボボボボ)などを防ぐための風防の役割を果たしています。

ウィンドジャマーには主に3種類ありますので紹介していきます。

スポンジ型ファー型カゴ型+ファー
耐風性能弱め普通強め
声のこもり具合あまりない少しまあまあこもる
特徴雨に強い
軽量
雨に弱いカメラのマイクホルダーに
つかないことが多い

このようになっておりますので外での撮影用にファー型を用意しておくのをおすすめします!

※ひとつ前に紹介したマイクをご購入の方は同梱品にウィンドジャマーが入っているか確認の上、ウィンドジャマーをご購入ください!
さきほど紹介したマイク専用のウィンドジャマーはこちら

その他のウィンドジャマーはこちら!

定点撮影に必須の三脚

三脚

定点撮影用の三脚も欠かせません。その他にも一人で撮影している時に釣れた魚の写真を撮る時は三脚が必須です!

三脚は大きく分けて3つの種類に分類されますので紹介していきます。

  1. 通常の三脚
  2. ミニサイズの三脚
  3. 脚が自在に曲がる三脚

どれかひとつだけ用意したいと考えている方は脚が自在に曲がるタイプの三脚をおすすめします。

不安定な場所でも簡単に設置することができるだけでなく、脚をまげて棒などに固定することもできます。

このように自由な使用方法ができ、コンパクトで持ち運びやすい「脚が自在に曲がる三脚」はおすすめです!

三脚選びの注意点
  • ミニサイズの三脚は軽量のものを選ばない
    軽量のものを選ぶとカメラやスマホを付けたときに重心が高くなってしまい転倒しやすくなってしまいます。

三脚にスマホを取り付けて撮影する場合は、購入する三脚にスマホ固定用のアダプターがあるか確認してください!

先程おすすめしたジョビーのゴリラポッドにはスマホ用アダプターが付属してませんので、注意してください!

三脚の脚が長いタイプでおすすめの商品はこちら!

三脚に関連する商品で面白いものを発見しました!!

三脚に設置してスマホやカメラと連動することで、AIが360℃自動で自分自身を追尾してくれる商品です!

動き回ることの多いルアー釣りではかなり役に立つ商品かもしれません!!

1万円でこんな機能が付くなんてすごいですね!!

KINOFI LUMI MARK I

カメラ機材の充電に役立つモバイルバッテリー

モバイルバッテリー

次はモバイルバッテリーです!

スマートフォンの充電だけでなくカメラの充電までこなせるモバイルバッテリーは釣りには必需品です!!

モバイルバッテリーを選ぶ際に見るべき3つのことを紹介します!

モバイルバッテリーの選び方
  1. PSEマークの有無
  2. 充電できる容量
  3. 充電速度

まずは、絶対にPSEマークの付いている商品を選びましょう!PSEマークは「電気用品安全法」という基準をクリアした製品のみが承認されるマークです。

次は充電できる容量です!基本的にmAh(ミリアンペア)で記載されていますが、そのほかにも「約4回分」などと記載されていますが、この回数は鵜呑みにしてはいけません!

ほとんどもモバイルバッテリーはスマホの「60~65%ほど」を充電する容量で計算してあります。そして皆さんが利用しているスマートフォンはそれぞれバッテリーの容量が違いますのでその容量に合わせてモバイルバッテリーの容量をえらんでください!

モバイルバッテリーには車のバッテリーが上がってしまった時に使えるブースターケーブル付きの商品もあります。

もしも渓流釣りなどで山奥に車をとめていて、車のエンジンがかからない時は困ってしまいますよね!そんなときのためにもこの商品は非常に便利です!

さらに最近ではモバイルバッテリーよりも容量の大きいポータブル電源として使える商品がアウトドア用としてとても人気があります!

これを車に積んでおけば電気で困ることはありません!

カメラ機材等を守る防水バッグ

防水バッグ

次は防水バッグです!

基本的に釣りをされる方であれば釣り道具を入れるバッグなどを持っていると思います!カメラなどの撮影機材が少ないときは釣り道具と一緒に収納しておいても問題ないかもしれませんが、撮影機材が増えてきたときは機材用のバッグが必要となります。

何度も言いますが、釣りは外で行うことが多いので防水性の高いバッグに機材を入れておくことをおすすめします!

室内撮影用のリングライト

リングライト

最後に紹介するのが室内や車内で撮影するためのリングライトです!

女性のYouTuberなどが使っていることの多いイメージの商品だと思いますが、使ってみるとびっくりします!

顔の映りが全然違います!

釣りが終わった後のトークや商品を紹介する動画を撮影するときはこちらのリングライトを使用することをおすすめします!

また、三脚に着けられるタイプと独立したタイプがありますが、基本的には三脚に着けられるタイプをおすすめします!!

まとめ

ここまでYouTubeで釣り動画を投稿したい方のために撮影に必要となるカメラ等の機材を紹介しました。

もちろん最初からすべての撮影機材を集める必要はありませんが、徐々に集めていき動画のクオリティを上げていきましょう!!

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!!

タイトルとURLをコピーしました