1万人のフォロワーに聞いた!おすすめのシーバスルアーをランキングで紹介

おすすめのシーバスルアーを紹介 ブログ記事

皆さんこんにちは!

今回はおすすめのシーバスルアーをランキング形式で紹介していきます!!

ルアーフィッシングではとても人気なターゲットであるシーバスは他の魚と比べて雑食で色々な生物を捕食し、生息する水域も広く河川から磯までいろいろな場所で釣れることから様々な釣り方が存在し、ゲームフィッシングのターゲットとしてとても親しみのある魚です。

釣りといえば、釣れた魚をおいしく食べることを目的とした釣り人もいればゲームフィッシングとして釣った魚はリリースする釣り人もいます。

シーバスはゲームフィッシュとしてとても人気な魚です。そして、シーバスは大きさで呼び方が変わる出世魚です。

・20~40cm「セイゴ」または「ハクラ」
・40~60cm「フッコ」
・60cm以上を「スズキ」

と呼びます。

シーバスは80cmを超える大きさの魚体も存在し、中には1mを超えるサイズも存在します。釣り人の中では80cm以上のシーバスを「ランカーシーバス」と呼びます。

岸から釣れる魚でシーバスと同じよう大きさになる魚は多くはありません。そして最初に説明した通り、年間をとおして狙うことのできる数少ない魚です。

今回はそんなシーバスを狙うときに使用するおすすめのルアーをランキング形式で紹介していきます!!

シーバスについて知ろう!

シーバスを知る

ランキングの前にアジングの時と同様にシーバスの生態について少し説明していきます。シーバスについて知ることでタックルを選ぶ時に、どのようなものを選んだら良いか、シーバスを実際に釣る時にも役に立ちますので是非参考にしてみてください!

シーバスは様々な水域に生息し、様々な生物を捕食します。そのため、ほかの魚に比べてルアーの種類も豊富にあります。

基本的にはシーバスが捕食するをもとにルアーが作られているため、まずはシーバスが主にエサとしているものについて説明します。

シーバスが主に捕食しているエサは【イワシ・アジ・コノシロ・アユ・ボラ・エビ・カニ・アミ・バチ・イカ】などです。

かなり捕食対象が広いですよね!動くものなら何でも食べるのでは??と思ってしまうほどの食性ですが、時期や状況、生息域によって特定のエサを食べる偏食傾向のある魚です。

イワシを食べているシーバスに以下の形・動きをするルアーを投げても反応しません。バチを食べているときにイワシを模したルアーでアプローチしても釣れません。

また、シーバスは基本的に回遊魚に該当しますが、「回遊型」と「居着き方」と呼ばれるほど、個体による差があります。

生息している場所も河川などの汽水域・港湾部・磯など様々なため、流れの少ない港湾部と流れの強い河川や磯では求められるルアーの性能が変わります。

このような理由から、シーバスのルアーは豊富にあります。初心者の方は何を選んだら良いか迷って当然です!!

まず、釣りをするときにはシーバスが何を食べていて、どんな場所に釣りに行くのかを想定してルアーを選んでみるのがおすすめです。

シーバスルアーのおすすめランキング

前置きが長くなってしまい申し訳ありません。

これからシーバスルアーのおすすめランキングを紹介していきます!今回紹介するルアーの中には様々な状況に対応できる汎用性の高いルアーから、一つのシチュエーションに特化したルアーまで様々なルアーが登場します!!

このランキングは当社が運営している5つのInstagramアカウントのフォロワーさん1万人にお聞きした情報を参考にランキングを作成しています!!

ランキング紹介の前に皆さんに質問です!

「いつも釣具はどこで購入してますか??」

万人のフォロワーさんにアンケートを取ったところ86%の方が釣具屋さんで購入しているとのことでした!!

理由は様々ですが、釣具は決して安い買い物ではありません!!
当サイトでは釣具の購入は楽天市場をおすすめしてます!!

理由はある方法を使えば楽天市場が一番安く購入できるからです!!

その方法は下記の記事で紹介してますので是非ご覧ください。

第5位:ブルーブルー/ジョルティ

ジョルティ

Blue Blueのホームページより抜粋

第5位はブルーブルーから発売されているジョルティがランクイン!

ブルーブルーはシーバス・ヒラスズキ・ヒラメなどの大型フィッシュイーターをターゲットにロッドやルアーを販売している釣具メーカーです。

その中でもジョルティはブルーブルーのホームページに載っている人気ランキングでも常に上位の人気ルアーです。シーバスにとどまらず、ヒラメなどの実績も高いルアーです。

ジョルティはジグヘッドの重量が15g・22g・30gの3種類がラインナップされています。カラーは全部で24種類とかなり豊富です。

ジョルティの一番の特徴は、なんといっても重心移動式ジグヘッドによる圧倒的な飛距離です。

従来のジグヘッドリグはキャスト時の重心が安定せずにルアーが回転してしまい、飛距離が落ちてしまっていました。

ルアーでは当たり前となっている重心移動システムですが、ジグヘッドでは実現が難しかった重心移動システムをジョルティは実現しました。

キャスト時にスナップが後方へ移動することでキャスト時の重心が変わります。そのことにより飛行姿勢が安定して圧倒的な飛距離を実現します。

ジョルティ説明

YouTubeチャンネル
BlueBlueFishing ~ブルーブルー株式会社~ 」
より抜粋

「飛距離なんて釣果に関係ない」

遠くに飛ぶルアーが良いルアーではない」

このような意見の方もいらっしゃいますが、ただ単に確かに遠くに飛べばいいわけではありませんが、「大は小を兼ねる」という言葉がある通り遠くに飛ばさなくてよいシチュエーションであれば遠くに飛ばさないように投げればよいだけの話です!!

でも、もともと飛距離のでないルアーを遠くに飛ばそうとしても限界があります。

なので飛距離が稼げるルアーは評価が高くなります。

ジョルティはブルーブルー公式サイトでも販売しており、楽天などで購入するよりお得に購入できるので下記サイトより購入をおすすめします!!

Blue Blueの公式サイトはこちら

サーフでのフラットフィッシュ攻略の決定版!JOLTY(ジョルティ)特徴&水中映像大公開!!

第4位:ディオ/マニック

マニック

DUOのホームページより抜粋

第4位はデュオから発売されているマニックです。外見は魚には見えませんよね??下の水中動画の映像を見ていただいても分かると思いますが、小魚が泳いでる姿には見えません。

では、何をモチーフにしたルアーなのでしょうか??

答えは「バチ」です。

バチとはゴカイやイソメなどをまとめた総称です。釣具屋さんでも売っているあのニョロニョロしている生物です。

バチは普段は推定の柔らかい土の中にすんでいますが、バチが春になると繁殖行動のために土の中から抜けて出てきます。その現象を「バチ抜け」と呼び、このバチを好んで捕食しているシーバスをターゲットにしたルアーです。

そんなマニックは5種類のサイズが存在します。75mm~155mmまであり、カラーも様々なものが存在します。

当社が運営しているInstagramアカウントにも度々、「バチ抜けにおすすめルアーは何ですか??」とご質問をいただくことがあります!

状況によりおすすめするルアーは変わりますが、バチ抜け用のルアーをとりあえず1つだけ買いたいというときには迷わずマニックをおすすめしています!!

ベイエリアでの魅惑の低速・表層トレース『ベイルーフ マニック95』

第3位:シマノ/サイレントアサシン

サイレントアサシン

シマノのホームページより抜粋

続いて第3位は、大手釣り具メーカーのシマノからサイレントアサシンがランクインです!!

「サイレントアサシンはどんなルアーですか??」と聞かれたら

基本的な能力が全体的に高い万能なルアーです!!」とお答えします。

飛距離からアクションまですべてがとても安定しており、様々なシチュエーション・フィールドに対応できる万能なルアーです。

サイレントアサシンの安定した飛距離を支えているのがルアー内部に搭載されている「AR-Cシステム」です。

バネを利用した重心移動は非常にスムーズで、着水時にはウエイトがもとの位置にしっかりと戻ることでルアーの動きもとても安定しています。

エクスセンス サイレントアサシン 129F/129S 水中ルアー動画

第2位:ima(アイマ)/サスケ120裂波

サスケ120裂波

imaのホームページより抜粋

第2位はima(アムズデザイン)より発売されているサスケ120裂波です!!

2004年に発売されて以来、多数の実績を残し多くのアングラーから愛用されています。

港湾部よりも少し流れが強いサーフや磯・加工などに向いているルアーです。リップ部がとても特徴的な形をしておりますが、この形状のおかげでキャスト時の空気抵抗が少なくなることで飛距離がアップします。

港湾部以外に釣りに行くことが多く、どんなルアーを持っていたら良いか迷った方にはサスケ120裂波をおすすめします。

中国製のルアーでもサスケ120裂波を模したルアーがあり、中古の釣具店においてあることがありますが、内部の構造などが違いますので買ってしまわないように注意しましょう!!

第1位:COREMAN(コアマン)/VJシリーズ

コアマンVJ

コアマンのホームページより抜粋

そして第1位は誰もが納得するコアマンから発売されているルアー、VJシリーズです。

コアマンは主にシーバス用のルアーやロッドなどのアイテムを販売している釣り具メーカーです。過去にもPB(パワーブレード)やIP(アイアンプレート)など多くの名作を生みだしています。

そんなコアマン自信作のVJシリーズは大きな話題を呼び、定価で販売している店舗は常に完売状態で、ネット通販でも2倍近くの価格で販売されています。

「VJって話題だけど本当に釣れるの??」と質問をいただくこともあります。様々なYouTubeチャンネルで取り上げられていますが、様々なレビューがありますが何よりも価格が高騰しても販売されているということが証拠です。

コロナ禍になり、マスクの需要が急激に上がりマスクが足りなくなったときに価格が高騰しました。このような現象が続いているということですので以上です!!

販売と同時に一時的に話題になり、フリマサイトなどで価格が高騰しているルアーもありますが、あれは発売当初だからしょうがないことですが、発売からこれだけの年月が経過してなお、楽天などのネットショップで価格が高騰しているのは普通ではありません。

VJは VIBRATION(バイブレーション)JIGHEAD(ジグヘッド)の頭文字をとってVJですので、その名の通りルアー全体がバイブレーションのように震えながら泳ぎます。

とても分かりやすい水中映像の動画がありましたので載せておきます!是非ご覧ください!

VJシリーズは3種類ラインナップされており、16g・22g・28gがあります。

カラーも20種類以上と、とても豊富に用意されています。

シーバス以外にも多くの魚種で実績がありますので、まずは魚を釣ってみたい、という方にはかなりおすすめのルアーです!!

【コアマンVJ-16】シーバスのエサ!2020年最もリクエストが多かったルアーの水中映像。COREMANバイブレーションジグヘッド!

いかがでしたでしょうか??

ルアーについての質問などはInstagramにて受け付けておりますのでお気軽にご相談ください!!

タイトルとURLをコピーしました