【なぜ?!】釣りを引退する前に見てください!!

釣りを引退する前に見てください ブログ記事

釣りは一人でも始められるアウトドア系の趣味として最近では人気が高く、釣りを始められる方も多くなっています。

そんな趣味の釣りは、手軽に始められる一方で引退する方も多く、使わなくなった釣具をどうするのか困っている方も多くいるはずです。

そこで、今回は釣りを引退する前にぜひお伝えしたいのが、「釣具は処分するよりも釣具買取専門店での買取がおすすめ」ということです。

釣具買取専門店で売ることで、釣具の価値を理解しているスタッフがしっかりとした査定をしてくれます。

釣具買取専門店での買取には、主に3種類の買取方法があります。1つ目は一般的な「店頭買取」です。2つ目はスタッフが自宅まで来て査定と買取をしてくれる「出張買取」です。3つ目は宅配便などを利用して買取を行う「宅配買取」です。

釣りを引退する際は、まとめて釣具を売る場合が多いので手間のかからない「出張買取」がおすすめです。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

釣りを引退する主な理由

釣りを引退するに至るまでの主な理由として3つあります。

釣りを引退する理由
  1.  お金がかかる
  2. 時間がなくなった
  3. 魚が釣れない

釣りはお金がかかる

釣りに行く金がない

魚を釣るための餌や仕掛けなどの釣具代、車で海に行って帰る往復分のガソリン代、もちろんお腹は空くので食事代、これだけでも結構な金額になり、頻繁に行くとなると相当な出費になります。

餌や仕掛けなどの釣具を買うと数千円はかかりますので、お金がかかるという理由で釣りを引退する方は多いのかもしれません。

釣りする時間がなくなった

釣りに行く時間がない

仕事が忙しくなった。子育てで忙しくなった。釣りをしていた人に限らず趣味全般に言えることですが、人生何があるかわからないので時間があるうちに様々な魚を釣って楽しんでおきましょう。

釣りは老若男女誰でもいつでもできる趣味なので、時間に余裕が出てからまた始めてみるのも良いですね。

魚が釣れない

釣れなくて悩む

いつ何が釣れるかわからないドキドキ感が釣りの醍醐味ですが、魚が釣れないとなると、引退を考えてしまうのもあります。

漁港での立ち入り禁止区域が増えた。昔は釣れていたのに今では釣れなくなった。など人間の釣り場、魚の居場所などそれぞれの環境や時代が変わりつつあるのかもしれません。

海のプラスチック問題など、魚にとって住みにくい環境になったり、魚が釣れない原因は様々なことが考えられます。

釣具を処分するのは待ってください

釣具を処分するのは待ってください

釣具は修復することでまた使うことができますので売れることがあります。例えば壊れた釣具だと、折れたロッドでも売ることができます。

ロッドが折れていても、ガイドやリールシートなどの壊れていないパーツは使用できるため、売ることができます。

その場合は、釣具をしっかりと査定してくれる店舗で買取をしてもらいましょう。ですので、釣具は処分するよりも釣具買取専門店での買取をしてもらうのがおすすめです。

まとめて釣具を売るなら出張買取がおすすめ

釣りを引退するとなると、使わなくなったロッド、ウキ、オモリなどの釣具が多くあると思います。そこで、釣具を大量にまとめて売るなら出張買取がおすすめです。

出張買取がおすすめな理由は、釣具買取専門店のスタッフが自宅まで来てくれて、査定・買取を行ってくれますので安心して依頼することができます。

釣具買取専門店のスタッフなので、専門知識でしっかりとした査定をしてくれます。

釣りを引退する際に、まとめて釣具を売るならぜひ一度出張買取で売ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました